ブラベクトは1錠で3ヶ月間もノミ・マダニ・アラカスを駆除出来る!

ブラベクト

ブラベクト錠は犬のノミとマダニを駆除するお薬です。猫には使用出来ません。
今までの犬のノミダニ駆除薬は月1回の投薬が必要でしたが、ブラベクトは1錠で3ヶ月間効果が持続するといった特徴を持ち注目が集まっています。

ブラベクト錠は2014年4月にヨーロッパで初めにリリースされ、同年6月にアメリカでもリリースされました。それから遅れる事1年、2015年5月27日に農林水産省に承認され7月から日本でも販売開始されるようになりました。

最近ではテレビCMも流れているので認知度も高くなり徐々に人気が出てきました!

ブラベクト錠で駆除効果がある寄生虫

ブラベクト錠は犬のノミ及びダニを駆除するお薬です。フィラリア症予防には効果がありません。
メーカー営業によるとダニはマダニの他にも、ニキビダニ(アラカス)も駆除出来るようです。

ブラベクト錠はアラカス(ニキビダニ)にも効果あり

アラカス(ニキビダニ)

ブラベクト錠が効果として日本で承認されているのは本当はノミとマダニだけです。
ですが、海外ではブラベクト錠がアラカス治療に効果があるとして使われているようです。

海外での調査結果では1錠投与するだけで99%のニキビダニを駆除出来た事が確認されているようですのでアラカス治療中の方はぜひブラベクト錠を試してみて下さい。

今までのアラカス治療ではフィラリア予防薬のイベルメックやカルドメックの成分であるイベルメクチンをフィラリア予防に使う300倍の量を毎日服用する必要がありましたので治療費もすごく高く掛かっていましたが、ブラベクトならたった1錠で安全に治療する事が出来るようです。

また、イベルメクチンの使用が難しかったコリー系統の犬種にも使用する事が出来るようです。

動物病院で取り扱いがない場合は、通販(個人輸入)で病院よりも安く購入する事が出来ますよ。

関連:ブラベクト錠の通販価格は?ブラベクトより安いノミダニ駆除薬も発見!

ブラベクト錠は疥癬に効果ある?

疥癬

疥癬は別名ヒゼンダニ症と呼ばれ、ヒゼンダニに寄生される事によって発症する病気です。
病院で聞いた話によると、残念ながらブラベクト錠では疥癬への効果は確認されていないようです。

疥癬の治療を目的としている場合は、ヒゼンダニに効果があるレボリューションをお使い下さい。

ブラベクト錠って安全性は大丈夫?副作用を調査

ブラベクト錠は効果が3ヶ月続く事から副作用が強いのではないか?
と心配されている飼い主様もおられるようですが、それは全く逆のようです。

1錠で3ヶ月効果が続く事により月1回の投与が必要な駆除薬と比較して犬への負担が1/3になるというデータが発表されているからです。

ですから、安全性が高いノミダニ駆除薬をお探しならブラベクト錠を選ぶのが良いでしょう。

また動物用医薬品データベースで調べたら、副作用報告は1件だけでした。

副作用の症状としては、下痢、嘔吐、食欲不振、流涎(よだれを流す)などがあるようです。
ブラベクト錠の投与後に副作用らしき症状がみられたら速やかに動物病院につれて行きましょう。

ブラベクト錠の主成分「フルララネル」の安全性

ブラベクト錠の主成分であるフルララネルは日産化学工業株式会社によって合成されたイソキサゾリン系化合物です。

フルララネルをネズミに試験投与し毒性検査を行った結果、安全上の問題は特に認められなかったようです。フルララネルの作用機序は以下の通りです。

γ-アミノ酪酸(GABA)作用性塩素イオンチャンネルのアンタゴニストで、節足動物のGABA作動性塩素イオンチャンネルに作用し、塩素イオンの神経細胞流入を阻害する。その結果、抑制が効かなくなり、過度の興奮を起こさす事でノミ及びマダニを死亡させる。また、フィプロニルとはGABA受容体の結合部位が異なるとされている。

ブラベクト錠のコリー犬に対する安全性

コリー犬16頭に臨床最大量の3倍量を投与し28日間の経過観察を行った結果、神経毒性を表す症状または、ブラベクトの投与に関係する有害症状は確認されませんでした。

上記試験によりブラベクト錠はコリー系統の犬でも安全に使用出来ると確認されているようです。

詳しい安全性については、「ブラベクト錠技術資料」に掲載されています。

ブラベクト錠は飲ませ易い?

ブラベクト錠の形

ブラベクト錠はチュアブルタイプのお薬です。嗜好生が高いポーク味が付いているのでヨーロッパの臨床試験では92%の犬が美味しく食べてくれたようです。

ブラベクトの投与は3ヶ月に1回、しかも美味しいチュアブルなのでお薬嫌いの犬にはピッタリのノミとマダニ駆除薬だと思いました。

最後に

ブラベクト錠はいかかだったでしょうか?
3ヶ月に1度の投薬で犬のノミとダニを駆除出来るお薬はブラベクト錠が日本初です!

また最近は、ヨーロッパでブラベクトの背中に垂らすスポットオンタイプの販売承認が取られたようで、数年後には日本でも販売されると予想されています。ですから、今後ノミダニ駆除は3ヶ月に1回がメジャーになっていくかもしれませんね。

関連記事

  1. フロントライン

    フロントラインの効果を100%引き出す獣医が薦める使い方

  2. アポキル錠

    アポキル錠は副作用がない!?推奨度Aの犬アトピー治療薬

  3. レボリューションの犬用と猫用

    レボリューション犬用と猫用の違いとは?兼用しても大丈夫?

  4. ハートガードプラスの説明書

    カルドメックは買うな!ハートガードプラスが賢い主婦に選ばれる理由

  5. ストロングホールド猫用を購入

    ストロングホールドとレボリューションが本当に同じか猫に使ってみた感想

  6. アポキル錠

    アポキル錠の効果と特徴!遺伝子レベルで痒みを抑える革命薬

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。