犬・猫の歯垢と歯石を9割減らすデンタルケアの新常識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬猫の歯石

可愛い愛犬や愛猫、人生の大切なパートーナーでもある彼ら。

しかし思わず顔を背けてしまうほど口臭が気になったことはありませんか?

ペットのデンタルケアはしたことがない方が多いかと思います。

ですがペットフードが多彩化したことによりペットの口腔疾患は年々増加しておりその必要性は一目瞭然です。

とはいっても今更何から始めればいいのか、またここまでついてしまっていては手の施しようがない、年齢的にも諦めるしかないと思われる方も多いかもしれません。

そこで自分で行えるケアから病院で行うケア、高齢でも使えるグッズやケア方法、もし口腔内疾患を発症してしまった時の対処方法など、お口に関わるいろはをご紹介していきたいと思います♪

 

動物病院で行う歯石除去とは?

まずお口におびただしいほどの歯石がついていた場合、その全てをリセットするためには動物病院での歯石除去手術といった選択が最もポピュラーであり確実かと思います。

歯石の度合いにもよりますが奥歯が歯石で覆われてしまい、元の歯が見えなくなっているレベルであればまず手術をおすすめされるかと思います。

ただの歯石取りといったものではなく全身麻酔を用いたれっきとした手術です。

当日は絶食の状態で病院へ行き、血液の検査を行います。

各臓器が麻酔に耐えられるかどうかのチェックですから必ず行います。

更に高齢のペットちゃんとなれば結果が出るまで数日かかるプラスαの検査が必要になる場合もありますから、かかりつけの先生とよくご相談されてくださいね。

また歯肉炎や歯周病、口内炎等の症状が出ている場合は、内服やお注射で治療を行い炎症がひいてから手術を行う場合もあります。

わんちゃんの場合はセフェム系やペニシリン系の抗生物質を1週間程服用してもらうと症状が落ち着いてきます。

また猫ちゃんの場合は慢性化していることが多いためデポメドロール等のステロイドを使って治療を行います。

手術自体は気管挿管を行いおおよそ30分から2時間ほどで終了します。

時間に幅があるのは抜歯があるか否かでかなり変わるためです。

抜歯を行えば歯肉に空いてしまった穴を縫合しなければいけませんからその分時間もかかります。

ほとんどの場合体内にそのまま吸収される吸収糸を使用するため抜糸は必要ありません。

またあいた穴に入れ込むだけで抜歯後の炎症や疼痛を抑え、最後は体内に吸収されるような手術グッズも多く出ています。(テルプラグ等)

ではここで実際に動物病院で行われている歯石除去を見てみましょう。

いかがでしたか?これは抜歯を行わず超音波スケーラーで歯石を除去している動画です。

元の白い歯が顔を出していましたね。

あそこまで付着した歯石でも麻酔下であれば完全除去することが可能です。

 

歯石除去手術の費用

気になる費用ですが、これは抜歯の本数によって大きく変わります。

歯石除去のみの場合であれば血液検査を含めおおよそ3~5万円程が相場ですが、抜歯や縫合があった場合1泊入院する事もありますので5~10万円近くかかるケースもあります。

病院によって金額設定も違うため詳細な金額を知りたい場合は、口内検診を受けた後かかりつけの病院さんで歯石除去手術の見積もりを出してもらうことをおすすめします。

また最近ではペット保険に入られてる方も多いと思います。

保険は効かないと思われがちな歯石除去ですが歯肉炎や歯周病等、重篤な症状が出ている場合は保険対応になる保険会社さんがほとんどです。

手術を行う前にご加入頂いている保険会社さんに確認を行い、必要な書類がある場合にはかかりつけの先生に書いてもらいましょう。

 

歯石除去のリスク

では病院で行う歯石除去にはどのような難点があるのでしょうか?

これはやはり麻酔のリスクが一番の問題かと思います。

例えば血液検査で問題がなかった場合でも麻酔が安定しないことは多々あります。

もちろん気管挿管を行い人工呼吸器で管理された状態で行いますが、脈拍が安定しない場合など麻酔からきちんと醒めない危険があると獣医師が判断した場合には途中であっても手術は中断されます。

麻酔が体力的にペットの負担になることは明らかです。術後の回復スピードは若ければ若いほどよいでしょう。

老齢のペットちゃんの場合には手術の負担を考えどれくらいの時間で終わるのか、手術以外の方法でどこまでよくなるのか等よくよくご相談されることをおすすめします。

 

歯石除去は自分で出来る?

麻酔はちょっと…せめておうちで歯石を少しでも取ってやりたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

確かに大嫌いな病院に預けて麻酔をかけ、精神的に体力的に負担をかけるよりおうちでやれる方がずっといいですよね。

実際におうちで歯石取りをされている方もいらっしゃいます。こちらをご覧ください。

どうでしょうか?

動画のわんちゃんほどリラックスしてくれているといいのですが実際は少し難しいかもしれませんね。

ですが例えばお父さんが抑える係、お母さんが歯石をカリカリする係等と分担すればお口を触られることに慣れている子であれば可能かと思います。

専門的な器具を使うのが怖い方は無理をせずまずは爪先でカリカリしてみてください。

化石のように何層にも重なっている歯石であれば爪でひっかくだけでもポロリと取れる場合があります。

なお取れた歯石はばい菌の塊です。極力素手では触らず、ゴム手袋等を装着して行いましょう。

この方法はハンドスケーリングという方法です。実はこれ動物病院でも行っています。

中にはハンドスケーリング後の管理が難しいのでうちは麻酔下でしか行いませんという病院さんもありますが麻酔の負担がなく割と歯石が取れるこの方法は少し前の動物医療業界では常識でした。

例えばお母さんが抑える係、病院スタッフが削る係というのもペットちゃんの精神的負担が少なくていいかもしれませんね。

元気な子は大暴れしてしまうのでスタッフに完全におまかせしてくださいね。

 

自分で歯石除去する場合の問題点は?

ではおうちで歯石除去を行う場合何かリスクはあるのでしょうか?

実はハンドスケーリングには大きなデメリットがあるのです。

それはスケーリング時に歯のエナメル質を傷つけてしまうことで歯の表面に凹凸ができてしまいその後逆に歯石が付きやすくなってしまうという点です。

前述で書いた病院によってはハンドスケーリングを受けない、というのはこれが理由です。

麻酔下で歯石除去を行う場合は歯石除去後にポリッシャーという器具を使い歯の表面をしっかりと磨きなめらかにすることができるのですが、ハンドスケーリングの場合はそれが難しいのです。

それでもハンドスケーリングを行う病院さんでは、できる範囲で歯の表面をなめらかになるよう磨いてくれますが、おうちでそこまでやるのはかなりの経験がないと難しいと思います。

ですがご自宅でハンドスケーリングをした後毎日歯磨きなどのデンタルケアを行うなどすれば回避できる問題ですからスケーリング以外にご自宅でできるデンタルケアを考えてみましょう。

 

自宅で歯を傷つけずに塗るだけでクリアな歯に?100%天然成分の歯磨きジェル

ではどんなデンタルケアをおうちで行ったらよいのでしょうか。

最近はとても手軽に使え質のいいグッズが多く販売されています。

例えばぺッツライフさんが販売されているオーラルケアジェルはわんちゃんにも猫ちゃんにも使用できる歯磨きジェルです。

ペパーミント味、サーモンオイル味の2種類があるので、ペットちゃんの好みや動物種によって使い分けて頂くといいかもしれません。

 

おいしいと認識すればお口を開けることに抵抗が無くなっていきますのでフレーバーがついていることは絶対条件かと思います。

またFDAが認定している程ですから天然成分を使用し、よりナチュラルな仕上がりになっていることも安心して使える理由の一つかと思います。

歯の表面のエナメル質をなめらかにしてくれる商品ですから歯石がとれやすくなるとともに、口腔内の細菌をやっつけてくれ口臭も少しづつ収まってくれるかもしれません。

最初はお口を触られる事に抵抗を感じるペットちゃんの場合は無理をせずお口の中にジェルを垂らすところから始めましょう。

それに慣れてきたらガーゼにジェルをつけてお口にいれる、それにも慣れてきたら歯ブラシにつけてみる、と焦らず段階を踏んでいきましょう。

 

歯石が引き起こす病気とは?

さて一度ついてしまったこの歯石、放っておくとどうなってしまうのでしょうか?

わんちゃんに多いのは「根尖膿瘍・こんせんのうよう」という病気です。

歯根にばい菌が繁殖し膿が発生、その膿が顔の表面の皮膚をつきやぶり外側に出てきてしまう病気です。

長く動物病院に勤めていますが圧倒的にダックスのわんちゃんに多く見られます。

この症状が出た場合は抗生剤を処方して治療し、一時的に改善はしますが根本的な歯石を除去しない限り一定のペースで繰り返してしまいます。

また歯石は細菌の塊ですから、これが体内に散らばり血液中に入ってしまうと腎臓や肝臓に悪影響を及ぼし二次的に内臓疾患を引き起こす可能性があります。

また猫ちゃんに多く見られるのは慢性的な口内炎です。

若くてもほんの少しでも歯石がついていれば発症する可能性があります。

猫ちゃんはこうなると痛みからほとんど食事をとらなくなります。

わんちゃんに比べ猫ちゃんは絶食状態が内臓に影響を及ぼすスピードが速いため数日で肝臓や腎臓にまで影響が出てしまいます。

そのため早急な治療が必要となります。

顔が腫れている、食欲がない、口臭がひどい、気が付かれた際はまず病院さんにかかられてくださいね。

 

予防の重要性やその方法

前述したとおり歯石は様々な病気の要因になりえます。

そこで重要なのが予防です。

幼少期からデンタルケアを行いお口に触られることに慣れさせておくのが理想的ですが、大人になってからでも飼い主さんやペットちゃんの性格によって様々な方法があります。

 

おやつが大好きな子は?

歯磨きタイプのガムのご使用をおすすめします。

そのまま与えるよりはコミュニケーションの一環として飼い主さんが手で持ちながらあげるのがいいでしょう♪

より噛んでくれることで歯石になる前の歯垢が美味しく楽しく除去できます。

ビルバックのベジタルチュウシリーズや共立製薬さんのオーラルケアチュウ等がおすすめです。

ビルバックは猫用歯磨きチュウも出しています。猫用グリニーズシリーズも嗜好性が高く人気の商品です。

 

口は絶対触らないで!タイプの子には?

お口を絶対に触らせてくれない子も諦める必要はありません。

飲み水にいれるだけで口腔内の細菌を減らしてくれるビルバックのアクアデントという商品がおすすめです。

実際に使用されたほとんどの方が口臭の改善を感じてくださいました。

わんちゃんにも猫ちゃんにも使用可能です。

また口内に善玉菌を増やすプロバイオというサプリメントもおすすめです。

 

歯磨きできます!という子には?

お口を触らせてくれるのであれば積極的に歯磨きをしてあげましょう。

ただ磨くのではなく前述で記載したオーラルジェルやLIONのオーラルスプレー、

ビルバックの歯磨きペーストシリーズ等、フレーバーがあるものを使用し、より歯磨大好きになってもらいましょう。

 

歯ブラシの選び方

おうちで歯磨きを行う際は歯ブラシ、歯ブラシガーゼ、歯ブラシグローブ等を使用されてください。

個人的にはガーゼ→グローブ→歯ブラシとランクアップさせていくのがおすすめです。

動物用を使ってもいいですが実は人間用でも代用がききます。

例えば歯ブラシは赤ちゃん用のヘッドが小さく毛がやわらかいものでOKです。

ガーゼは薬局で売っている薄手のもの、グローブは軍手でかまいません。

手軽に身近にあるものでデンタルケアを始めてみませんか?

 

歯磨きのコツ

では歯磨きにチャレンジする際のポイントです♪

まずは何で磨くにしても磨きやすい奥歯から始めましょう。ご家族の方との協力プレイがおすすめです。根元から歯の表面をみがいていきます。次に犬歯、更に前の歯の順で磨いてあげてください。

嫌がるときは無理をせず何日かにわけること、そして最中はたくさんお声かけしてあげてください。偉いね~!かっこいいね~!すごいね~!何でも構いません。頑張れば褒めてもらえる行為だということを理解してもらいましょう☆

歯の裏側はかなり難易度が高いので慣れてきたら少しずつ始めていきましょう。

いかがでしたか?今すぐできるデンタルケアもありましたね。

どんな子でも方法すら考えれば手軽に始められるのがデンタルケアいいところです。

この機会に可愛い我が子のお口の健康考えてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木村 二美動物病院の看護師

投稿者プロフィール

5年間24時間365日体制の動物病院にて勤務していました。

現在は、より患者様との距離が近い個人の動物病院にて勤務しながら、

これまで経験を多くの人々に伝える為、記事の執筆活動などにも力を入れています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フィラリア予防薬の比較
猫ノミダニ駆除薬の比較

ピックアップ記事

  1. レボリューション

    【保存版】レボリューションを徹底解説!犬・猫のノミ、ダニ、フィラリア対策|駆除出来る寄生虫・効果・副作用・評判まとめ

  2. フロントライン

    【保存版】フロントラインの効果を100%引き出す獣医が薦める使い方

ページ上部へ戻る