【獣医執筆】もっと知りたい犬と猫の糖尿病 -原因、症状、診断、治療について

犬猫の糖尿病検査

血液中の糖分は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きによって細胞の中に取り込まれ、エネルギーとして利用されます。
なんらかの原因で膵臓からインスリンが分泌されなくなり、血液中の糖分を細胞が取り込めなくなった状態を糖尿病と言います。
血液中に糖分はたくさんあるのに、細胞は飢えている状態が糖尿病です。

インスリンの不足によって細胞に取り込まれなくなった糖分は血液中に溢れるため、血糖値の上昇が起きます。
そして血糖値の上昇によって、普通は腎臓ですべて再吸収されるはずの糖分が、腎臓での再吸収の限界を超えるため吸収しきれず、尿中に出てくるようになります。

こうして糖尿が発現します。糖は尿中に出るとき、一緒に水分を引き込むため、尿の量が増えます。

尿量の増加によって体内は水分不足になるため、のどが渇き、それを補おうと水をたくさん飲む多飲が起きます。

インスリンはたんぱく質や脂肪を蓄えるのを助ける働きもあるため、インスリンが不足することで食べても体内に蓄えることが出来ず、たくさん食べるのに痩せてくるという状態になります。

飼い主さんが最初に気づく「水をたくさん飲んで、たくさんおしっこをする」「食欲は旺盛なのに痩せてきた」という症状はこうして起こります。
この状態が続くと肝臓で糖新生という糖分を作り、血糖値をあげようとする働きが起きます。
その過程で作られるケトン体により、体が酸性にかたむくケトアシドーシスが起き、嘔吐や下痢がおきます。
そしてそのままほっておくと昏睡状態に陥り、死亡することもあります。

犬では血糖値の上昇は、眼の中の眼房水という眼球を満たす液体のグルコース濃度の上昇を引き起こすため、結果として水晶体中の水分貯留を起こし、蛋白変性を起こすことによって糖尿病性白内障が起こります。

猫では血糖値の上昇により神経障害を起こし、後肢が立てなくなるニューロパチーを起こすことがあります。

糖尿病の原因は?

糖尿病が起こる原因は犬と猫で大きく異なりますのでそれぞれの原因を説明していきます。

犬の糖尿病の原因

犬はクッシング症候群(副腎皮質ホルモン亢進症)や避妊していない雌犬の発情後期に2ヶ月続く黄体期に分泌される性ホルモンの影響で、ステロイドホルモンの上昇が起きます。

ステロイドホルモンは細胞にインスリンを取り込みにくさせるため、膵臓は多量のインスリンを分泌することが必要になります。
こうして働きすぎの膵臓の疲弊が起き、インスリンの分泌の欠如が起こるようになります。
そのため犬の糖尿病はⅠ型糖尿病と呼ばれるインスリンの分泌が欠如したタイプの糖尿病になります。

その他膵炎などによっても起きます。猫は肥満、感染症、膵炎、ストレスなどが原因となりステロイドホルモンが分泌されます。

ステロイドホルモンは細胞にインスリンを取り込みにくくさせるため、インスリンを多量に分泌する必要がある膵臓の疲弊が起き、インスリンの分泌の低下が起きることが原因です。

猫の糖尿病の原因

猫のストレスの原因としては、同居動物や同居する人間が変わったなどの家族構成に関するストレス、引越しやリフォームなどにより生活環境の変化に対するストレス、歯疾患や膀胱炎、膵炎、胃炎、皮膚病などの合併症によるストレスなどがあげられます。

猫の糖尿病はインスリンの分泌はあるものの、分泌量の不足によって起こる人のⅡ型糖尿病と類似していますが、猫は人より簡単に血糖値があがりやすい特徴があります。

猫の場合は構造上の理由から十二指腸から膵炎を起こしやすく、そのことから起こる糖尿病も多いと言われています。

しかし猫の膵炎は症状がはっきりしないことなどから診断が難しく、糖尿病の原因として膵炎が確定できないことも多いようです。

どうやって診断するの?

空腹時の血糖値が300mg/dLを超えていて、多飲多尿や体重減少などの特徴的な症状があり、尿検査で尿糖が陽性であれば糖尿病と診断されます。

犬や猫はストレスで血糖値があがることがあり、特に猫は来院時のストレスや、採血時のストレスで血糖値が見かけじょう上昇することがあるため、過去1-2週間の平均的な血糖値を表す糖化アルブミンやフルクトサミンを測定し、基準値を超えている場合に確定診断とすることもあります。

尿中にケトン体が出現し、元気がなく、食欲がない場合はケトアシドーシスという状態にあることが推察されるため、緊急の治療が必要になります。
その他ブドウ糖負荷試験というブドウ糖を投与しあと20分後と60分後の血中のインスリン濃度を測定し、インスリンの分泌能力の評価が必要になることもあります。

治療方法は?

犬の糖尿病治療方法

犬の場合インスリンが出なくなることにより糖尿病が起こるため、飼い主が毎日インスリンを注射によって補うことが必要になります。インスリンは効果時間によって超速攻型、速攻型、中間型、混合型、持続型があります。

犬はインスリンの効果時間が人より短いです。

小型犬は大型犬より吸収が早く効果時間が短いため、長時間作用型の持続型インスリンを使用します。
大型犬では吸収が遅く効果が遅いため、中間型インスリンを使用します。

適切なインスリンの投与量を決定するために、インスリンを投与したあとの血糖値を時間ごとに測定する血糖曲線を作成します。

犬の場合食事内容は一般的に制限がなく、食事の内容によりインスリンの必要量や血糖値のコントロールに関しては特に差がなかったという報告もあります。

高繊維で低脂肪の食事が推奨されることもありますが、嗜好性が低いこともあり、一生涯好んで食べるというのが食事を選択する時には一番大切になります。

どの食事でも理想体重にあわせたカロリーで与えることが必要です。

猫の糖尿病治療方法

猫の場合、食事療法が治療のために必要となります。
糖尿病の治療には血糖値の上昇を抑え、肥満を改善する食事が必要になります。
そのため従来から使用されてきた高繊維、低脂肪食と、近年多く使用されるようになった高たんぱく、低炭水化物食が推奨されています。

しかしながら猫は食事の好みが激しいため、食事の選択する時は持続して食べてくれる療法食を選択することが必要でしょう。
猫はインスリンの分泌が少ない糖尿病Ⅱ型ですが、血糖が上昇しやすいため、インスリンの投与が必要になることが多いです。

猫は人や犬と比べてインスリンの作用時間が短いため、持続型のインスリンを使用します。
インスリンを細胞に取り込みやすくする事により膵臓からのインスリンの分泌を減らし、膵臓のインスリン分泌能力を回復させることが大切になります。

ストレスのない生活のために生活環境の改善や、肥満を予防する生活習慣の改善が必要になります。
歯周病や膵炎などのほかの病気を併発している場合はその病気の治療を行い、糖尿病を悪化させる要因をなくすことも大切です。

これらの対処によりインスリンの投与量を減らしたり、インスリンを注射しなくても血糖値が適正に維持できることがあります。

犬でも猫でも食事の量やそのときの体調、運動量などにより同じインスリンの投与量でも低血糖を起こすことがあります。

ぐったりしたり、無気力になったり、昏睡状態になったり、けいれんするなどの症状が現れたら、砂糖水などの糖分を含むシロップを飲ませ、直ちに動物病院に連絡するようにして下さい。

インスリンの注射部位は同じ部位にしていると、その部位の皮膚が厚くなりインスリンの吸収が悪くなることがあるので、インスリンの注射部位は毎日少しづつずらすことも大切です。

インスリン注射の打ち方

予防法としてできることとは?

犬は肥満にならないように気をつけ、適切な運動をすることが大切になります。

避妊していない雌犬では避妊することも予防になるでしょう。
猫は肥満にならないように気をつけ過度にストレスのかかる生活を避けましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 猫 去勢

    オス猫の去勢手術~見学体験記~写真付きで紹介

  2. 犬猫の歯石

    動物看護師が教える犬・猫の歯垢と歯石を9割減らすデンタルケアの新常識

  3. 犬のワクチン接種

    【動物看護師執筆】犬・猫のワクチン接種は本当に毎年必要?

  4. 猫伝染性鼻気管炎

    【獣医執筆】猫風邪「猫伝染性鼻気管炎」原因・症状・治療

  5. 犬の下痢

    【動物看護師執筆】犬が下痢の時に役立つ!原因のチェック方法と自宅で出来る対処法

  6. 犬 歯石除去手術

    【体験談】愛犬の歯石除去手術(全身麻酔)で口臭が消えた!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。