オス猫の去勢手術~見学体験記~写真付きで紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫 去勢

 

オス猫の去勢手術に立ち会ってきました。
うちのオス猫は、生後5カ月の時に動物病院で去勢手術を受けました。

去勢手術がどのように行われるのか興味があったので、獣医さんにお願いして立ち会いを許可してもらいました。

まずはオプションである血液検査をしてもらいました。

肝臓や腎臓の機能、血糖値、タンパク、白血球の数値などを調べ、麻酔をかけて行う去勢手術に耐えられるだけの体力があるか、大きいリスクはないかを確認してもらいました。

また、若くて健康な時に詳細の血液検査を行っておくと将来、歳を取って具合が悪くなった時に、検査結果を健康な時のデータと比べることができ、診断治療に役立つそうです。

 

手術の一部始終は、一般人が見ていて耐えられるのでしょうか?

立ち会いが許可されましたが、ものすごく血が出たり、グロテスクだったりするのでは?と心配になり、獣医さんに聞いてみました。

手術の方法は何種類かあるそうですが、この先生の場合オスの去勢手術はそんなにグロテスクではないとのこと。ドキドキしながら見学をしました。

 

いざ、去勢手術開始。

手術の流れを、順を追って説明します。

血などはありませんが一部、手術中の画像がありますので苦手な方はご注意ください。

 

まず、注射による麻酔を打ちます。10分ほどで猫は眠ってしまいます。

この注射の麻酔は、ごくわずかな時間だけ効果がある量を使用します。

 

注射の麻酔で猫が眠ったところで、ガスによる麻酔に切り替えます。

注射だけの麻酔だと眠らせる時間の微妙なコントロールがしづらく、またガス麻酔のほうが体への負担も少ないのでこうやって切り替えを行うそうです。

去勢1
↑ガス麻酔のマスクをセットされ、眠っています。呼吸のリズムも機械で確認しながら手術を行います。

 

次に、睾丸周りの毛をバリカンで刈り取ります。

刈った毛は、掃除機の先にアダプターをつけたものできれいに吸い取っておきます。

去勢2
↑毛を刈り取ったところです。

去勢3
↑刈った毛を取り除きました。シッポが下がると手術がしづらいので、

ヒモで結んで手術台に固定し、邪魔にならないようにしておきます。

 

患部を消毒し、いよいよメスを入れます。

メスの刃(剃刀の刃みたいでした)を直接手に持って、

左右の睾丸のちょうど間、真ん中の部分に縦に2センチくらい、メスを入れます。

去勢4
↑長さ3センチくらいの、小さなメスです。メスというより、剃刀の刃みたい。

 

メスを入れた切り口から、片方の睾丸をプリッと手で押し出し、さらにその中の薄皮にもメスで切り込みを入れます。

去勢5
↑薄皮を切るところ。睾丸は直径1センチくらいの大きさ。

去勢6
↑薄皮を切ると、中からこんな白い臓器(睾丸の中身)が出てきます。

 

ブドウの皮から身を押し出すようにして、白い睾丸をプリッと出し、指でつまんで引っ張ります。睾丸は、細い糸のようなもの(血管と精管)でつながっています。

去勢7
↑中からひっぱり出したところ。焼き肉のホルモンみたいです。

 

睾丸の部分はハサミでカットします。血管と精管はくっついているので、それを割り裂いて2本のヒモ状にします。

去勢8
↑ヒモの先についている睾丸部分を切り取ります。

去勢9
↑カットした睾丸部分。

 

2本に分けた血管と精管を、根元から3回くらい縛ります。

去勢10
↑ちょっとわかりづらいですが、2本のヒモ状のものを縛っているところです。

 

縛った血管と精管の先の部分を、根元から切ります。

 

もう片方の睾丸も同様に、⑤~⑨の作業を繰り返します。

去勢11
↑取り出した左右の睾丸です。

 

左右両方の睾丸を除去できたら、④でメスを入れた真ん中部分を指で軽く押さえて、くっつけます。針と糸で縫わなくても自然にくっつくそうです。これで、去勢の作業は完了です。

去勢12
↑去勢が終了しました。

 

ガス麻酔のマスクを外し、麻酔から醒ますための注射を打ちます。

麻酔から醒める時にフラフラすることがあるので、ケージの中に入れた状態で覚醒するのを待ちます。

去勢13
↑ケージの中で、目が覚めるのを待っています。

 

数分で意識が戻るのでそのまま2時間くらいケージの中で安静にさせて、術後の様子を確認します。

 

完全に麻酔から覚めたら、全て完了です。

入院の必要もなく、そのまま連れて帰宅しました。

 

あっという間の手術でした。

今回、去勢手術に立ち会ってすごく驚いたことがあります。

まず、今回の方法で行う去勢手術は、血が全くと言っていいほど出なかったこと。

そして、切った傷口を糸で縫わないということです。

でも一番びっくりしたのが、麻酔の部分を除く、④~⑪までの作業がわずか2~3分で完了してしまったことです!!

技術的にも熟練した獣医さんだったということもありますが、本当にあっという間で終わりました。え、これだけ?!といった感じでした。

 

お土産も持ち帰ってきました・・・。

ちなみに、今回取り出した睾丸はお土産として持ち帰らせてくれました。

去勢14
↑ただのホルモンの切れ端に見えますね・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤 賜美愛玩動物飼養管理士

投稿者プロフィール

愛玩動物飼養管理士の資格を保有し野良猫の去勢・避妊手術や、

子猫の保護・譲渡などのボランティア活動に従事しています。

日本臨床獣医学フォーラムには毎年参加しており、日本中の著名な獣医師や、動物行動学の先生から直接レクチャーを受講しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫ノミダニ駆除薬の比較

ピックアップ記事

  1. レボリューション

    【保存版】レボリューションを徹底解説!犬・猫のノミ、ダニ、フィラリア対策|駆除出来る寄生虫・効果・副作用・評判まとめ

  2. フロントライン

    【保存版】フロントラインの効果を100%引き出す獣医が薦める使い方

ページ上部へ戻る