猫に錠剤を投与する時のアイデアと便利なグッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫 投薬グッズ

猫に錠剤の薬を飲ませるのはとても大変です。

動物病院などで推奨している基本の投与方法は、

  1. 猫を保定し、顔を少し上に向ける
  2. 猫の下あごを下方向に開かせ、喉のなるべく奥のほうに素早く錠剤を入れる
  3. そのまま口が開かないように押さえ、喉を上下にさするようにして飲み込ませる
  4. 喉がゴックンと動き錠剤を飲み込んだことを確認し、手を離す

というものですが、この方法で大人しく素直に服薬してくれる猫は多くありません。

たいていは暴れたり逃げ出したりして、飼い主さんの手が傷だらけになることもあります。

 

小さい頃からのトレーニングが効果的です

上記の「基本の服薬方法」を難なく行うには、子猫の頃からトレーニングすると効果的です。

子猫がドライフードを食べられるようになったら、毎日小さな丸いドライフードを1粒、錠剤に見立てて上記の方法で食べさせます。

将来、いざ投薬が必要になった時でも、猫は「いつものおいしいフード」のつもりですんなりと錠剤を飲みこんでくれます。

 

便利な投薬グッズを使おう

今から投薬トレーニングを行うのが無理でも、諦めないでください。

人間の手で猫の口の中に錠剤をうまく放りこむのは難しく噛まれたりする危険もありますが、「ピルガン」などの細い注射器のような形をしたグッズを使えば、小さな錠剤をうまく掴んで猫の口の中にスムーズに入れることができます。

猫の口の正面から入れると距離があるので、口の横の部分から差し込むように入れると比較的容易に喉の奥に錠剤を落とすことができます。

 

投薬のための補助トリーツ(おやつ)

歯磨きスナックでおなじみのグリニーズより「投薬補助トリーツ ピルポケット」という商品が発売されており、動物病院でも取り扱っています。

ピルポケット

これはチキンを主成分とした柔らかいおやつで、真ん中に穴が開いています。

この穴に錠剤を入れて穴を閉じ、猫に与えると錠剤に気づかず喜んで食べてしまうというものです。

猫の嗜好性を高める香りや味が工夫されており、投薬が非常にラクになります。犬用もあります。

 

錠剤を包み込むペースト

完全にペースト状になっている投薬補助フードもあります。

サイペットというメーカーから発売されている「フレーバードゥ」という商品でカツオやチキンなどの味付けがされています。

チューブからペーストを適量取り出し、錠剤を包んで食べさせることができます。

こちらは、犬猫の両方に共通して使うことができます。

ペーストの量を調節することができるのも使いやすいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤 賜美愛玩動物飼養管理士

投稿者プロフィール

愛玩動物飼養管理士の資格を保有し野良猫の去勢・避妊手術や、

子猫の保護・譲渡などのボランティア活動に従事しています。

日本臨床獣医学フォーラムには毎年参加しており、日本中の著名な獣医師や、動物行動学の先生から直接レクチャーを受講しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フィラリア予防薬の比較
猫ノミダニ駆除薬の比較

ピックアップ記事

  1. レボリューション

    【保存版】レボリューションを徹底解説!犬・猫のノミ、ダニ、フィラリア対策|駆除出来る寄生虫・効果・副作用・評判まとめ

  2. フロントライン

    【保存版】フロントラインの効果を100%引き出す獣医が薦める使い方

アーカイブ

ページ上部へ戻る