天然成分シャンプーが犬猫のノミ・ダニ駆除!「プロポリスワン」が凄い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロポリスワン

ワンちゃんと猫ちゃん兼用で使用する事が出来る「プロポリスワン」という

抗ダニ・保湿高級シャンプーが素敵過ぎたので紹介します。

このシャンプー何が凄いかというと、商品の名前にもあるように、

ペット用シャンプーを「プロポリス」で作ってしまったという所です。

 

プロポリスとは?

 

プロポリスとは蜜蜂のみが作る事が出来る唯一の成分です。

花粉や樹液などが巣に集められたものをを蜂蜜として私たちは頂いておりますが、

ハチミツって不思議と外にあるのに腐ったりしないですよね?

実はその秘密がプロポリスという蜜蜂が生成する成分にある事が分かっています。

蜜蜂は「蜜」を体内に取り込み、唾液に含まれる「酵素」と混ぜてプロポリスを作ります。

ハチミツが食用であるのに対して、プロポリスは巣を守る為に作られています。

プロポリスは強い抗菌作用を持っているので、

巣の入り口や隙間に塗っておく事で巣の内部を無菌に保つ事が出来ます。

 

天然成分なのに、自然界最強クラスの抗菌作用を持つプロポリス。さらに・・・

プロポリス

プロポリスには抗菌作用に加えて、数万種類の自然成分を含んでいると言われています。

有名な成分であれば、アミノ酸、葉酸、ビタミンE・B1・B2、マグネシウム、鉄などです。

アミノ酸シャンプーや、ビタミン◯◯配合シャンプーなどいろんなシャンプーがありますが、

プロポリスはそれらを含めて数万種類の栄養素が含まれているので、

天然成分にこだわる場合、プロポリスシャンプー以上のものはないのではないでしょうか?

 

プロポリスは「癌」にも効果があるほど凄い成分!?

プロポリスは抗菌・殺菌作用を持っているので、

ノミやダニなどの外部寄生虫の対策にも効果がありますし、かゆみ止め成分や、保湿効果などもあります。

しかしながら、天然成分なので皮膚病や皮膚の弱いワンちゃん・猫ちゃんにも安心して使用出来ます。

 

それだけでも素晴らしいのですが、

プロポリスは癌への効果もあると言われています。

調べてみたところ、抗腫瘍作用があるらしく癌の予防や治療にも使われているようです。

詳しく知りたい方は「プロポリス 癌」で調べてみて下さい。

 

プロポリスシャンプーはこんな犬や猫 にオススメ!!

頻繁に痒がる・掻いてしまう子

痒い 犬猫

かゆみの原因であるノミやダニを退治する効果があります。

頻繁に掻いてしまうと傷口から細菌感染してしまい悪化する場合もあるので、

プロポリスシャンプーで洗ってあげると症状が落ち着きます。

ソメイヨシノはエキス、ボタンエキス、天然レモングラス油などの天然成分がかゆみの発生を予防します。

 

皮膚が弱い・乾燥肌の子

犬ダニ 乾燥

プロポリスワンはアミノ酸界面活性剤を使用しています。

界面活性剤には、天然物系、石けん系、脂肪酸エステル系、

アミノ酸系、高級アルコール系、石油系の合計6種類が良く使われていますが、

皮膚医学的観点ではアミノ酸界面活性剤が一番良いとされています。

その理由は肌や毛はタンバク質(アミノ酸)で構成されているので一番自然に近い成分だからです。

皮膚が乾燥しているワンちゃん・猫ちゃんは特に、

アミノ酸界面活性剤使用のシャンプーの効果がわかりやすいです。

 

プロポリスには副作用はないの?

プロポリス天然成分

 

素晴らしい効果を持っているプロポリスですが副作用は一切ありません。

なぜならプロポリスは医薬品でないからです。

お薬ではなく、天然の殺菌成分なので安心してお使いいただく事が出来ます。

 

レビュー記事:ノミ・ダニ対策シャンプー「プロポリスワン」を愛猫に使った感想

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
佐山真隆

佐山真隆愛玩動物飼養管理士

投稿者プロフィール

2級愛玩動物飼養管理士の資格を所有しています。

ペットの病気という難しい話ではありますが、飼い主さん目線でなるべく分かりやすく執筆するように心がけていますのでよろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フィラリア予防薬の比較
猫ノミダニ駆除薬の比較

ピックアップ記事

  1. レボリューション

    【保存版】レボリューションを徹底解説!犬・猫のノミ、ダニ、フィラリア対策|駆除出来る寄生虫・効果・副作用・評判まとめ

  2. フロントライン

    【保存版】フロントラインの効果を100%引き出す獣医が薦める使い方

ページ上部へ戻る