【動物看護師執筆】レトリバー犬に多い悪性腫瘍の寛解には早期発見が鍵

レトリバー

悪性腫瘍に関しては発見が早ければ早いほど寛解する確率があがります。

中には時間をかけて良性から悪性へと変化する腫瘍もありますので、早期に見つけ対処することで悪性腫瘍を未然に防げる場合もあります。

どうしても発症しやすい犬種ですから必ず毎日体を触ってあげてください。
特にソケイ部やあご下等リンパが集中している部分は念入りに触りチェックしてあげましょう。

コミュニケーションの一つとして日課にしていただくといいかもしれませんね。
小さな小さなしこりでも気が付かれたらすぐに病院にかかられてください。

レトリバー犬種で悪性腫瘍が疑われる初期症状

悪性腫瘍に関してはこれといった初期症状はありません。だからこそ早期の発見がカギとなります。

進行が進んでくると食欲低下や元気消失、倦怠感、下痢、嘔吐等が見られます。

何かの症状が出る前に見つけてあげられるのが理想的です。

レトリバー犬種の《悪性腫瘍》検査や治療方法

腫瘍は先ず、病変部位に針を刺し腫瘍内の細胞を抜いて、顕微鏡でどのような細胞が出ているかを確認する細胞診(FNA)を行います。

この時点で悪性、良性が判断できることもありますが診断がつかない場合には、外部の病理検査センターに提出し診断をもらうこともあります。悪性と診断された場合には外科的な切除を行いますが、悪性細胞を取り切れなかったり、転移していた時には抗がん剤治療を進めていきます。

例えば骨肉腫は足の骨がガン化してしまう疾患のため「断脚」といった手術になりますし、表皮にできた腫瘍であれば取り残さないように大きめに切除を行う「皮膚腫瘍摘出手術」となります。

年齢的な麻酔リスクを考慮し手術はせず抗がん剤治療に入るケースもあります。抗がん剤には様々な種類、そしてプロトコールがありますが、長いものでワンクール半年間かかるものもあり期間中は頻回な通院が必要となります。

この類の疾患の怖い点は「完治」が存在しない事です。ガン細胞が消滅した「寛解」の状態からすぐに再発してしまう場合もあります。

まとめ

レトリバー犬種の好発疾患は治療が難しいものも多く頭を悩ませてしまうかもしれません。

ですが治療に関して正解、不正解というものは存在しません。

抗がん剤治療や手術はわんちゃんの体力、精神に負担がかかるだけでなく、飼い主様の体力や金銭的な負担も非常に大きい治療です。

愛犬の年齢や性格、生活環境や予後、様々な事を考慮し自信を持って決断されて下さい。

彼らは心の底から飼い主様を愛し、信頼し、パートナーとして生活しています。
そんな彼らだからこそ、飼い主様の決断をきっと受け入れてくれる事かと思います。

個人的にもレトリバー犬種の様々な症例を見てきました。
つらい治療を頑張っていた子、途中で対症療法に切り替えた子、高齢でいながら手術を乗り越えてくれた子、どの子もみなとても穏やかで飼い主様との深い絆を感じずにはいれませんでした。

現在は医学や環境の進歩によりレトリバー種の寿命もぐんぐんとのびてきています。
病気を正しく理解し素敵なドックライフを送らせてあげましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 腸リンパ管拡張症と闘った愛犬と私たち家族の闘病生活

  2. 犬の下痢

    【動物看護師執筆】犬が下痢の時に役立つ!原因のチェック方法と自宅で出来る対処法

  3. 犬の白内障

    【動物看護師執筆】犬の白内障は目薬で治る!症状・原因・予防法の完全ガイド

  4. 犬のデンタルケア

    動物看護師が教える犬・猫の歯垢と歯石を9割減らすデンタルケアの新常識

  5. ダックスフンド

    【動物看護師執筆】ダックスフンドに多い椎間板ヘルニアや腰痛等の予防・症状・治療

  6. レトリバー

    【動物看護師執筆】レトリバー犬種に多い『関節疾患』の予防・症状・検査・治療など

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。